バイオグラフィ 1940 - 1973

1940年

11月7日 アメリカ、サンフランシスコにて誕生。父親 李海泉は広東オペラでアメリカ巡業中であり、ブルース・リーはアメリカ生まれということになった。奇しくも生まれたのは辰年、辰の刻(午前8時)であった。

1941年

広東語映画「金門女」(Golden Gate Girl)に赤ん坊役で出演。

1942年

一家で香港へ帰国。

1948年

香港映画「富貴浮雲」出演。

1949年

香港映画「夢裡西施」出演。
香港映画「樊梨花」出演。

1950年

香港映画「細路祥」(日本題名 ドラゴン スモール・ブラザー)出演。
香港映画「凌霄孤雁」出演。

1951年

香港映画「人之初」出演。

1952年

12歳。ラサール学院中等部へ入学。

1953年

香港映画「苦海明燈」(日本題名 ドラゴン スパーク・オブ・ホープ)出演。
香港映画「慈母涙」出演。
香港映画「父之過」出演。
香港映画「千萬人家」(日本題名 ドラゴン ミリアッド・ファミリー)出演。
香港映画「危樓春暁」出演。 1954年 香港映画「愛(下集)」出演。
詠春拳の達人、葉問(イップ・マン)の道場へ入門。

1955年

香港映画「孤星血涙」(日本題名 ドラゴン オーファン)出演。
香港映画「守得雲開見月明」出演。
香港映画「孤兒行」出演。
香港映画「兒女債」出演。

1956年

香港映画「詐癲納福」出演。
香港映画「早知當初我唔嫁」出演。
ラサール学院より退学宣告を受け、退学。

1957年

香港映画「雷雨」出演。
香港映画「甜姐兒」出演。
フランシスコザビエル校へ編入するも喧嘩をくりかえす。

1958年

香港映画「人海孤鴻」出演。
3月 香港の高校ボクシングチャンピオンをKOしチャンピオンとなる。
チャチャチャダンスコンテストで優勝する。

1959年

4月 18歳。わずか100ドルを持ち単身アメリカへ出航。
5月 サンフランシスコ到着。
9月 エジソン職業訓練校 入学。 ターキー木村と出会う。

1960年

12月 エジソン職業訓練校 卒業。

1961年

3月 ワシントン州立大学哲学科 入学。
4月 シアトルのチャイナタウンに振藩國術館を開設。"ジュンファン・グンフー"の指導開始。

1963年

シアトル ユニバーシティ・ウェイに功夫道場を開設。初の著書「基本中国拳法」を刊行。

1964年

5月 ワシントン州立大学 中退。
7月 オークランド振藩國術館 設立。
8月 リンダ・エメリーと結婚。フィリピン系アメリカ人、ダン・イノサントと出会う。

1965年

長男ブランドン 誕生。

1966年

3月 ロングビーチ国際空手選手権大会でデモンストレーションを行う。
テレビシリーズ「グリーン・ホーネット」(The Green Hornet)全26話にレギュラー出演。
テレビシリーズ「バットマン」(Batman)の3エピソードにグリーン・ホーネットのKato役でゲスト出演。

1967年

2月9日 ロサンゼルスのチャイナタウンに3つ目の「振藩國術館」開設。
テレビシリーズ「グリーン・ホーネット」が日本で放映される。
テレビシリーズ「鬼警部アイアンサイド」(Ironside)にクンフー道場主役でゲスト出演。
ロサンゼルスでダン・イノサントとともに截拳道(ジークンドー)を教え始める。
ロサンゼルスのビーチにて演武写真を撮影。

1968年

長女シャノン 誕生。
テレビシリーズ「ブロンディ」(Blondie)にクンフー教師役でゲスト出演。
テレビシリーズ「略奪された百人の花嫁」(Here Come The Brides)の1エピソード"Marrigae, Chinese Style"にゲスト出演。
アメリカ映画「サイレンサー 破壊部隊」アクション指導。

1969年

アメリカ映画「かわいい女」(Marlowe)に中国人殺し屋ウインスロー・ウォン役で出演。
アメリカ映画「春の雨の中を」(Walk in The Spring Rain)アクション指導。

1970年

香港の振興映画会社、嘉禾娯楽事業有限公司(ゴールデンハーベスト社)と契約。1本1万香港ドルで2本の映画出演契約を結ぶ。
テレビシリーズ「復讐の鬼探偵ロングストリート」(Longstreet)の4エピソードに準レギュラー出演。

1971年

7月 香港へ移住。
10月11日 ボーイスカウトのためのチャリティプレミアショーで「ドラゴン危機一発」上映に出席。
10月31日 主演映画第1作「ドラゴンへの道」(唐山大兄 The Big Boss)公開。
12月9日 カナダのテレビ番組「The Pierre Berton Show」香港にて収録。

1972年

主演映画第2作「ドラゴン怒りの鉄拳」(精武門 Fist Of Fury)制作公開。
ゴールデンハーベスト社と共同出資により協和電影(コンコルド・プロダクション)設立。
初の監督及び主演映画第3作「ドラゴンへの道」(猛龍過江 Way Of The Dragon)制作発表。
5月 「猛龍過江」ローマロケに出発。「ドラゴンへの道」撮影後、極度の疲労から数週間の休養をとる。
9月 主演映画第4作「死亡遊戯」撮影開始。

1973年

1月 ゴールデンハーベスト社新年会に出席。
1月 「死亡遊戯」の撮影を中断し、念願のハリウッド主演映画「燃えよドラゴン」(龍争虎闘 Enter The Dragon)制作開始。
4月18日 香港の空港でジェームズ・コバーンを出迎える。
4月21日 リンダ夫人とともに"Lee Theatre"で開催されたセルジオ・メンデス・ブラジル77のコンサートを鑑賞。
7月20日 不慮の事故により死亡。享年32歳。
8月19日 「燃えよドラゴン」アメリカ公開。
12月22日 「燃えよドラゴン」日本公開。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: バイオグラフィ 1940 - 1973

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bruceleemania.com/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする